会員会社の紹介

(以上8社、50音順)

会長挨拶

キトサン工業会は、キトサンを製造・販売する民間の企業が全国規模で参加する我が国唯一の任意団体であり、1996年に当初10社が結束して設立され、現在では参加企業8社で運営しております。

「キトサン」は、カニ・エビ等の甲殻類の甲殻又はイカの甲等を原料として抽出されたカチオン性の天然高分子で、「キトサン」の持つユニークな特性や機能に着目して研究がスタートしたのは古く20世紀初頭に遡ります。

産官学の連携により、我が国のキトサン工業は各国に先駆け工業的生産をスタートさせ、食品(特定保健用食品、健康食品)、化粧品、動物、植物、繊維、その他工業の用途等、多彩な分野で種々の用途開発が成されてきました。

現在、我が国のキトサン工業は、生産技術、応用技術、品質改善等、多方面における開発が進められて常に世界をリードしております。

この間、会員各社が研究と開発を推進し、研鑚を積み重ね、また、会員同士の切磋琢磨を通じてキトサン業界の発展をはかることは勿論、「(一社)キチン・キトサン学会」への協賛、安全・安心な食品提供のための「(公財)日本健康・栄養食品協会」及び「(一社)日本食品添加物協会」におけるキトサン規格基準作成、各種のキトサン講演会等を通して、社会に貢献してまいりました。

今後とも、皆様からのご期待にお応え出来るように会員各社とともに努力してまいりますので、ご指導とご支援、そしてご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

会長 赫 太郎